日常ゴーゴー!

取るに足らない日常の記録にただただ徹するブログ。

リライト。

f:id:nanasee:20240515230845j:image

以前も告知しましたが、当ブログの読者になっていただいているはてなブロガーさんの新着記事に気づいたら、自分のX上で拡散させていただいています。

PV増にご協力できているかどうか定かではありませんが、同志であるブロガーのみなさまの執筆の励みになればと思います。

ブログの中でも大多数をしめるのは日常雑記的な文章でしょう。自分は文芸ジャンルの中では小説はもちろんですが、そういった肩のこらないコラムやエッセイも大好物です。

以前はそういう「雑文」を専門に書く人、エッセイストやコラムニストという肩書きの方たちが多くいて人気を博していました。

でも最近はそんな専業で書いてる方が減っている気がします。

ブログやホームページで誰もが簡単に自分の文章を発表できる時代になったせいでしょうか。たんに自分が不勉強で新たな書き手の方々をよく知らないだけかもですが。

代わって芸能人とか文化人とか、他の分野ですでに有名な方による身辺雑記的な本が目立つようになりました。出版社的にもそういう知名度の高い著者のほうが本の売れ行きがよくて大助かりなのでしょうが。

エッセイ、コラム好きの自分としては、ぜひこの分野を一手に引き受けるような書き手が登場してくれることを期待しています。ブログでも「こうすれば儲かる、人生が成功する」みたいな内容より、日々の暮らしのささやかな思いを綴ったものがもっと脚光を浴びてほしいです。

 

話は変わりますが、この連休、時間に余裕があったので、ふだんめったに読み返さない自分のブログをぽつりぽつりと拾い読みしてました。意外と面白かったです。

まさに独りよがりですね。いいです自分が楽しけりゃ。自分に都合よく生きるのです。

冗談はともかく、過去ログを読み返していると、自分が書いたにもかかわらず、読みにくいなーとか意味がよくわからないなーという箇所がけっこうあります。

書いた時点では記憶も鮮明なので、あのことを書いたんだなみたいに見当もつきますが、時間がたってしまうとそんなカンも働きません。

自分ですら分からないのに他の方がこれを読んだらまるで意味不明かも、と忸怩たる思いになります。

ブログの利点のひとつは、書き上げてUPしてからでもあとから修正がきくところです。当ブログもUP済みのエントリに、事実を曲げない程度によく手を入れています。これもライターやってた人間の習性でしょうか。

個人的には書き直し=リライト、推敲という作業は嫌いじゃない、むしろ大好きです。

書きあげた時点では気がつかなかったけど、こう書けばもっと面白いなとか、もっと伝わるなとか。

リライト前とは文章がみちがえるほど変わるので、ライター時代は〆切ぎりぎりまでネバって手を入れてました。

でも、編集さんの指摘を受けて書き直すのはあまり好きじゃないんですよねー(笑)。

自分の書いた文章のリライトはけっこう勉強になります。ここんとこライター業は半分リタイア状態ですが、次に書く仕事を再開したときは、以前より文章力がUPしていることを願いたいです。