日常ゴーゴー!

ただただ日常の記録に徹するブログ。

昼夜の切り替え。

f:id:nanasee:20210123075212j:image

 

正月明けから緊急事態宣言が出たせいもあり、まだなんか本格的にエンジンがかからない。

 

図書館など公共の施設は休館、飲食店やジムも夜8時には閉まってしまう。

 

そのわりには人の流れは以前のままらしいけど。

 

店が閉まるのか早いと自分のような夜勤体質の人間は大変だ。

 

基本、深夜または早朝に仕事から帰宅すると昼間はダラダラ寝たり起きたりを繰り返し、夜になってからやっと動き出すという生活スタイルだ。

 

お店の営業に合わせ夜8時までに行動するとなると、夕方近くにやっと起きだす現状はかなりキビしい。起きたら二、三時間で店が閉まってしまうんだから。

 

昨日は休日だった。早朝にバイトから帰宅し、いつもならそこからひと眠りするのだが、昼間早いうちから動かないとお店の営業に間に合わなくなる。

 

なので睡眠も削りがち。夜型生活を無理やり昼型に矯正しようとしてる感じだ。

 

いやー、もうそんな寝てない自慢はやめて健康のためしっかり睡眠とろう。

 

爆笑問題の田中さんみたいに脳梗塞くも膜下出血を起こしたら大変だ。同年齢なのでとても他人事とは思えない。

 

その日は午後、家からちょっと離れたシネコンまで「スタントウーマン」という映画を観に行く。ハリウッドのアクション大作で俳優に代わって危険なスタントをつとめる女性たちに迫るドキュメントだ。

 

厳密に映画と呼んでいいのかどうか疑問だが、自分は案外ドキュメンタリー映画が好きだ。こないだは天才カメラマンの生きざまを追った「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」という作品を観た。こういうマニアックな作品はなかなか地元のシネコンではかからないんだけど。

 

映画が終わると夕方。急いで地元の町へ戻りジムに入る。8時の営業終了までもう1時間しかなかったのでプールで泳いだりせず、サウナと風呂だけ入り帰宅。

 

そんなふうに地元をぐるぐる回るだけで終わった休日だった。休みの日はいつもとちがう特別なことをしたいという思いも強いが、緊急事態宣言下でどうしても暮らしは地味になる。

 

その晩はいつもと真逆でたっぷりめに睡眠をとり今朝は7時に起床。

 

なんとか生活は昼型に戻したようだが、今夜またバイトなので夜型に逆戻りだ。

 

スイッチの切り替えが大変だが、昼間の時間を有意義に過ごしたい。

スロースタート。

f:id:nanasee:20210113120041j:image

 

正月も明けて10日ほど経過。

 

まだ何だかエンジンがかからない感じだ。

 

新年明けて、去年はコロナでさんざんだったが今年は頑張るぞ、と思った矢先に2度目の緊急事態宣言。

 

まあ想定はしてたけど、やるならもっと早めにやってほしかったな。感染爆発してからじゃ遅い。

 

せっかくやる気になりかけたところを、また打ち気をはずされた感じだ。

 

昨日も夜8時過ぎにジムへ行ったらもう営業終わっていた。夜8時までは飲食店だけじゃないのか。

 

今日は図書館へ行こうかなと思い、念のため電話で確認したらやはりコロナのために2月上旬まで休館とのことだった。

 

僕の母が公民館やお店を借りて編み物・手芸教室を主宰しているが、それらの会場もお休みになっているようだ。

 

そうやってあちこちでまた緊急事態措置がとられているわりには、まわりを見てみるとあまり緊張感が感じられなかったりする。ま、自分も含めてだけど。

 

ていうか、これ以上どうすりゃいいのって感じだ。もう何か、気力すら出てこない。そんなわけでルーティンな夜勤のバイトをこなすだけの毎日が続いている。

 

まあちょっとずつ身辺整理などもしつつ、次の行動に備えよう。

 

家の中は山ほどの積読本、未見のDVDや録画であふれている。あり余るほどの時間があってもなかなか手をつける気にならないんだけど。夜勤の疲れもありひたすら寝てしまう。

 

本格的な2021年スタートにはほど遠い感じだ‥‥。

 

 

 

 

 

 

本日の収穫。

 

f:id:nanasee:20210111022246j:image

 

入間のジョンソンタウンへまた出かけた。

 

前回は着いたのが夕方ごろであたりは真っ暗になってしまい、あまりゆっくり中を見られなかった。

 

今回はもう少し早めに出たが途中けっこう道が混んでてまたも到着は夕方近くなってしまった。緊急事態宣言もあまり効果はないようだ。

 

今回の目的はジョンソンタウンの中で見つけた逍遥館という古書店さん。前回は時間がなくて入らなかったが今回はじっくり見る。

 

思ったとおりいい本が多い。ブックオフとはちがうわ。ちゃんとグラシン紙がかかってる本も多いし。

 

ただしお値段はそれなりで、店の中の本は最低でも1冊千円から。ふだん特価本ばかりあさってる自分にはなかなか手が出ない。これ以上蔵書を増やしたくないのでできるだけ本も買わないようにしているし。

 

店の外の特価棚で都築響一氏の大冊「ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行」が東日本編、西日本編そろって1冊百円で出てるのを発見。

 

f:id:nanasee:20210111023556j:image

 

さすがいい本を置いてる店は特価棚も違うわと驚愕しながらレジへ持ってったら、「実はこの本、ページがバラバラになってる箇所があるのでお安くなってまして」とお店のスタッフ。

 

うん、まあ、この値段で手に入るなら問題ないかと購入。店の中のちゃんと値段のついた本は買わなかったのでせめてもの罪ほろぼしだ。

 

今度来たときは店の中の本もぜひ購入したい。それまでに自宅の書棚を整理しとかないとな。いい本を買っても現状ではどこかへ埋もれて分からなくなってしまう。

 

帰りがけ、近くにハードオフもあったのでここでは中古CDをチェック。

 

奥田民生の曲をいろんなミュージシャンがカバーした「奥田民生・カバーズ」というのを見つけ、ちょっと珍しいなと思い、値段も550円で手ごろだったので購入。

 

現在では俳優として知られる石橋凌がやっていたバンド、A.R.B.のベストのvol.1も550円で出ていたので一緒に購入。

 

帰宅してよく確かめたら奥田民生カバーズのほうは二枚組だった。これで550円か。ええ買い物したな。

 

今年も古書店・リサイクルショップまわりがやめられそうにないなあ‥‥。

 

緊急事態宣言直前。

f:id:nanasee:20210106032455j:image

 

みそかに都内の感染者数が過去最多、初の千人超え。

 

そしてお正月が明けて間もない昨日5日、感染者数は大みそかに続き千人を超えた。

 

今週木曜、東京とそのまわりの3県に2度目の緊急事態宣言が出されるようだ。僕の住む地域もその中に該当している。

 

今回は夜の飲食関係が規制のおもな対象になり、映画やスポーツジムなどはわりとオッケーらしい。基準については納得いかない部分もあるが、あれもこれも禁止して、人々の不満やストレスを倍増させないようにという配慮だろう。

 

最初の緊急事態宣言のときは、まだ巣ごもり生活に慣れていなかったこともあり、ウツ状態になった人も多かったろう。今回2度目ということもあり、少しは様子がつかめているので、それほど激しく落ち込まずに落ち着いて対応できるのではと、多少楽観視している。

 

昨日は夜勤のバイトは休みだぅたので、夕方が近づくころ外出した。生活が夜型なのでなかなか昼間から動けない。

 

ジムで泳ぎ、そのあとどこかでひと息つこうと車を走らせ、近所のドトール、マック、ガストなどふだんよく入る店をまわってみた。

 

時刻は午後10時を過ぎたくらいだったが、見事なくらいどこもクローズ。非常事態宣言に向けて早めの対応だろうか。

 

遅くまで営業している店のリサーチも兼ねてまわってみたが、こうも軒並みクローズしているとガックリくる。

 

かろうじてびっくりドンキーだけが午前1時まで営業していたので、今まで入ったことがなかったがここに腰を落ち着けた。

 

緊急事態宣言が出たら、ここも早めに閉まってしまうのだろうか。僕のように生活が夜中心になってる人間はどうしたらいいのだろう。

 

0時をまわると客はもう僕ひとり。スタッフが店内のサラダバーなどを片付け始めている。そろそろ出たほうが良さそうだ。

 

木曜以降またも生活が大きく変わりそうだ。対応できるか、少し不安になってきた‥‥。

 

 

 

正月走行。

f:id:nanasee:20210104150856j:image

 

正月二日に神奈川県の宮ヶ瀬ダムへ出かけた。山に囲まれた美しいダム湖だ。

 

ふだんは渋滞が激しいので滅多に都内を抜けるコースは選ばないのだが

 

お正月は道もガラガラだろうと自宅から国道4号線を南下し都心に入る。

 

思ったとおり順調で、あっという間に上野・秋葉原

 

以前は仕事や遊びでよく来た街も最近はコロナのせいもありご無沙汰だ。車だとなかなか駐車する場所もないので今日はどこにも寄らずまっすぐ通過。

 

神保町の古本屋街を抜け靖国神社から皇居のまわりを半周、青山通りへ。

 

このへんも道はガラガラ。昨年5月ごろ、やはり都内を走ったことがあったが、その時も車や人の姿はほとんど皆無でこれまで見たことがないような風景だった。あのときの衝撃を思い出す。

 

246から環七、国道1号線多摩川を渡り川崎へ。そろそろ昼近くなったので食べる場所を探しつつ、知らない街でお店も見つからず、かといってふだん入ってるようなファミレスではあまり入る気がせず、探しながら走るうちに相模原のへんまで来てしまった。

 

ふだんあまり入ったことがないびっくりドンキーで遅めの昼食。知らない街で食べるとこを探すのはほんとむずかしい。ネットやアプリで調べたりすればいいんだが自分はわりと運を天にまかすのが好きなので。

 

そこからは1時間弱で宮ヶ瀬ダムに到着。ここを訪れるのも3度目だ。

 

今回はイルミネーションをやっているというのでそれを見るのが目的で来た。着いたのは3時半で外はまだ明るい。駐車場に車を止め、車内でイルミ点灯を待つ。

 

走り屋タイプの車やバイカーたちがおおぜい来ている。このへんは眺めもいいしカーブも連続するので愛好者たちの聖地にもなっているのだろう。トイレにも行列ができていた。

 

 

車内で本を読んだりウトウトしてるうちにようやくあたりが暗くなってくるが、とくにイルミネーションらしいものは見当たらない。

 

車を出て通りかかった人に聞いてみると「イルミネーションは昨日で終わりましたよ」

 

もっとよく調べておけばよかった。駐車場で2時間近く待ったのがまったく無意味だったが、暮れていく湖の風景が見れたのでまあよしとしよう。

 

脱力しながら暗くなった道を下り帰途につく。これはこれで記憶に残る正月走行であった。

 

 

 

 

新年1発目の映画。

f:id:nanasee:20210103203408j:image

 

2021年あけましておめでとうございます。

 

何がおめでたいんだかよくわかんないですけど。

 

みそかから元日にかけてはバイト先のコンビニで年を越しました。

 

年末年始はお客も多いんじゃないかとビビっておりましたが、早い時間帯は家族連れなどもきましたが店がパニックになるような混雑ぶりではなかったです。

 

深夜2時をまわると完全にヒマ。落ち着いた心持ちで新年を迎えることができました。

 

朝6時、店を出ると空には満月がぽっかり浮かんでいました。

 

西の空はそろそろ赤みがさしており、もう少し待てば県境の河川敷の土手から初日の出も見られそうでしたが、寒いのと眠いので帰宅を優先。

 

バイト先の店の近くに神社もあるのでちょこっとお詣りすればよかったなと今気づきました。今度バイト帰りに寄ってみよう。

 

午前中ひと眠りしたあと、年末に録画したNHKの72時間スペシャルをイッキ見。長時間の番組なのでいつもは小刻みに見るような感じになってしまうのですが、お正月は雑音が入らないので集中して見れました。

 

毎月1日は映画が安い日。家にいるのも退屈してきたので午後から近くのモールへ「ソング・トゥ・ソング」という作品を見に。

 

音楽業界が舞台の作品ということで、音楽好きの自分は期待大だったのですが、かんじんの音楽演奏やライブシーンはほんの少ししか描かれず全編ほとんど、主役の男女3人がひたすらいちゃついているだけ。ん、なんか間違えた?

 

しかも背景の説明があまりなく、時系列なども前後しているようなので、状況がほとんど把握できず。

 

3分の2ほど観ましたがこれ以上無理して観ることもないかなと、自分としては滅多にないことですが途中で抜けて出てきてしまいました。夜からまたバイトだったし。

 

あとでネットのレビューを観たら、やはり「退屈」「分かりにくかった」などの意見が圧倒的で、あー、みんな同じだなーと思ったのですが。

 

いえ、けしてダメな映画というわけでもないんですが、自分としてはエンターテイメントを期待していたのに予想外にアート系の作品だったということでしょう。

 

2021年初の劇場映画はハズしてしまったが、これに懲りずにまた今年も映画をたくさん観ていこう。

大みそか。

f:id:nanasee:20201231162509j:image

 

前の晩は風がすごかった。扉がバタバタ揺れてそのたびにチャイムがお客も来てないのにピンポン鳴りっぱなしだった。

 

夜中過ぎには風もおさまり、朝6時過ぎ帰宅。今年最後の朝焼けがあざやかだった。

 

ふだんなら家に帰るなり布団に潜りこむが、やはり年末だし少しぐらいは家の中をきれいにしておきたい。

 

小一時間ほど自室を片づけ、軽く朝ごはんを食べる。

 

まだ眠くならないので録画を見始める。昨日かおとといNHKでやっていた「72時間」というドキュメント番組の年末スペシャル版。お昼過ぎから夕方まで6時間近い長尺でさすがに全部は見きれず、はじめの3本ほどで中断。

 

まだ眠気が来ないのでパソコンを出してデータ整理。

 

一年のあいだには仕事で書いた記事や個人ブログのリカバリ、さらに書きかけや下書き段階の文章といったものが知らず知らずにパソコンに溜まっていき、しまいにはどこにどんなファイルがあったか自分でも把握できなくなる。

 

なのでここ数年は、年度ごとにフォルダを作って、その年に作成したファイルはとりあえずそこにぶち込んでいる。ま、完全ではないんだけど年度ごとが一番わかりやすい。

 

単純作業だがハマってしまい、気がついたら正午近く。

 

午後は出かけなきゃならない用事がある。近所のお店へ注文したおせち料理を取りに行くという年末ならではの用事で、これもここ数年恒例の行事となっている。

 

部屋の片づけやパソコンのデータ整理なんかせずに少しでも寝ておけばよかった。たいした距離じゃないけど不眠で車の運転はしんどい。

 

年の瀬の道路はやはり車が多少多く、しかも年末の休みに入ってふだん運転しないドライバーが多いらしく、危なっかしい走りの車が目立つ。縁石に乗り上げてパトカーのお世話になってる車も見かけた。

 

おせちを取りにいったついでにスーパーに寄ってカップ麺やスナック菓子も調達する。これらも正月休みの必需品だ。

 

とにかく寝てないので早めに家に戻ってくる。買ってきたばかりのカップ麺を食べ、留守中に録画しといた「家ついていっていいですか?」の2時間スペシャルを見ている。あ、もう夕方4時だ。

 

2020年最後の大みそかも、いつもの1日と同じようにゆっくりと暮れていく。静かでなにげない1日の終わりだ。

 

今夜はバイトで年越しです。